講師紹介

森 淳一 (言語リハビリテーションセンター言の葉 部長 言語聴覚士)


言語リハビリテーション言の葉 部長、公益社団法人大分県言語聴覚士協会 顧問(第3代会長)

経歴

経歴
国立身体障害者リハビリテーションセンター学院卒業
湯布院厚生年金病院 リハビリテーション部副部長
大分リハビリテーション病院 リハビリテーション部部長
現在
言語リハビリテーションセンター言の葉 部長
大分リハビリテーション病院 非常勤
大分豊寿苑 非常勤
児玉病院 非常勤
日本摂食嚥下リハビリテーション学会評議員
大分嚥下音声言語研究会世話人
おおいた食のリハビリテーション研究会世話人
大分オーラルリハビリテーション研究会代表
講師・プロボノ活動
大分県言語聴覚士協会 会長(平成19年~平成23年)
大分県言語聴覚士協会 顧問(現在)
日本言語聴覚士協会 理事(平成21年~平成23年)
国立長寿医療センター生活機能賦活部研究生(平成22年)
言語聴覚士養成校 非常勤講師 など

受講者の皆さんへ

講師紹介

渡邊 裕也 (BT fitness代表 理学療法士)

オーナー近影


出張&オンライン専門ジム BT fitness代表
資格:理学療法士、チェアヨガインストラクター、SMART 介護士 expert

経歴
大分リハビリテーション病院(旧:大分東部病院)(現大分リハビリテーション病院)

介護老人保健施設大分豊寿苑

回復期リハビリテーション、生活期リハビリテーション、訪問リハビリテーション
社会福祉事業、就労支援
現在
2019年 出張&オンライン専門ジム『BT fitness』設立

提携企業3社(デイサービス、福祉用具事業所、スポーツジム)

ノーリフティングケア技術の伝達や施設運営マネージメントによる現場介入  6施設(特別養護老人ホーム4施設、介護老人保健施設2施設)

受講者の皆さんへ

皆さんが一度は学んだ事がある解剖学などの身体の基礎知識。その知識を現場で活かしていくことは実際難しいものです。私もそうでした。しかし、少し見方を変えることで現場への介入の仕方が大きく変わり今あらゆる体の悩みについて対応できるようになりました。私は、ただ知識や情報を発信するだけではなく、セラピストとして一度学んだ事がある情報をどう現場に活かしていくいくのかをテーマに掲げて皆様に情報を発信していきますので宜しくお願いします‼

講師紹介

中村 太一 (株式会社ハビサポ 代表取締役 言語聴覚士)


株式会社ハビサポ 代表取締役、公益社団法人大分県言語聴覚士協会 副会長
言語聴覚士養成校非常勤講師(1校)
資格:言語聴覚士、介護支援専門員

経歴

経歴
諏訪の杜病院
湯布院厚生年金病院
 ・回復期リハビリテーション病棟
 ・訪問リハビリテーション
大分リハビリテーション病院
 ・回復期リハビリテーション病棟
現在
2016年 株式会社ハビサポを設立 代表取締役
2016年 コミュニケーションデイサービス 言の葉 開設
2018年 子供のことば相談室 言の葉 開設
2019年 言語リハビリテーションセンター 言の葉 開設
講師・プロボノ活動
公益社団法人大分県言語聴覚士協会 副会長(理事:2011年~)
失語症者の地域活動支援
 ・失語症全国大会インおおいた実行委員長
  ・失語症カフェ など
学会発表・講演
 ・第18回日本言語聴覚学会:教育講講師
  ・第19回日本言語聴覚学会:シンポジウム「生活を支えるSTの取り組みと未来への提言」
  ・第8回日本言語聴覚士協会 九州地区学術集会 佐賀大会:シンポジウム「九州地区の地域にお   けるSTの役割」
 ・介護従事者、施設向けセミナー
  ・大分リハビリテーション専門学校非常勤講師 など

受講者の皆さんへ

私は、地域における言語聴覚士の取り組みについてお伝えしていきます。
生活期で結果を出すには、言語聴覚療法や摂食機能療法の技術だけでは足りません。
技術や資源をどのように活用するか、有機的に結びつけていくことができるかが肝となります。
つまり、マネジメントする力が強く求めらます。
生活期で働いている方、病院勤務で今後生活期で働きたいと思っている方、今後の社会情勢を見据えて起業を考えている方のお悩みを解決できるよう地域で活動している実際や経営者として積み重ねてきた経験をお伝えしていきますのでお楽しみに!!